故事に学ぶ

今朝の学びは、「故事に学ぶ」です。

今回のコロナショックでは、膨大な情報が飛び交っています。
様々なメディアを介して、世界中でこの発信量の多さが加速しています。
この情報量こそがオーバーシュートしていると感じます。
膨大な情報が飛び交っているのは、それだけ需要があるからといえます。
そんな情報から、不安、心配、恐怖ばかりが増幅するようでは、
受け取り方に偏りがあるのかもしれません。

「物資が不足する」といった情報から「買い占め」が起きるケースなどは、
「自分だけ」といった行動からの結末です。

今まさに、情報を取捨選択する力が求められています。

「正しい情報を見分けましょう」
という学びでした。

今日の標語は、
「挨拶に心が表れる」
感謝の気持ちや謙虚さは、言葉と態度で伝えよう。
自ら進んで行なうことが、
よりよい人間関係につながる。

今の環境の下、正しい情報を見分けるためにも、
感謝、謙虚、誠実さを大切にします。

今日の目標は、「仲良く笑顔で話す」です。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。