中産連のセミナー紹介

中産連のセミナー紹介です:終了です

 

2021/11/15(月) 10:00~16:00

場所:名古屋駅近くの国際センタービル

 

テーマは
「シーケンス制御のクレーム半減対策」
https://my140p.com/l/m/6xVwNyPwSgLR17

 

ですが、対象は初級者です

PLCには、いろんな不安がありますよね

 

でも大丈夫

今がチャンス

 

PLCによるシステムづくり

一緒に計画たてよう

 

 

 

目指すは、

あなたのフレームワーク

 

コンセプトは

「3秒で再現する方法」

 

かなり

考え方が変わりますヨ

2021/8/16 デバイス情報はPushかPullか

IoTを構成する3大要素は

1.デバイス
2.ゲートウェイ
3.サーバ

です

つまり、
デバイスがはじまりです

今日は、

PLCからデバイス情報を
取得する考え方についてです

デバイスとは、
センサーからのデータです

センサーの情報はPLCだけでは
ありませんが、

FA領域の主流がPLCなので
デバイスの要素を担うのが

PLCとします

そこで課題は、
PLCのデバイス情報を

誰が通信するか
という問題です

PLCが送るか、
サーバが読むか

要するに、
どっちが電話をするか
のようなイメージです

IoTでは、
サーバが読み取る
考え方が多いようです

しかし、
外部からの読み取りには、
時間の問題があります

これは、1秒周期という
解像度とか分解能のような課題です

これに対して

PLCでは、
自分から送信する
考え方になります

これは

Pull型か
Push型か

の違いです

IoTの現状は、
Pull型の方が多いです

PLCのデバイスデータが
引き出されるイメージです

それに対して

PLCが
Push(プッシュ)する
考え方があります

PLCがプッシュする
とは、

変化があった時に
主体的に送信する

コトが起きた時に
発信する

PLCが通報することで
必要な時だけの情報になります

これが
役割の考えかたです

メリットは
ボリュームが圧倒的に小さい
PLCの高速な周期のデータが
などです

デメリットは
変化がないとデータがない
固定時刻でデータがない

これらは、
日本と外国の考えかたの違いもあるので
どちらがマッチするかも課題です

ここでは、
デバイスにフォーカスして

PLCがプッシュする
方針を考えていきます

ご意見あれば、
お願いします

2021/8/15 「PLCとIoT」後先を間違えないで

「PLCとIoT」について

運用ベースで
メンテナンスを計画

に向けて、
今週から学んでいきます

FAにおけるIoTは、
どんな課題がありますか

主な課題は、
取得する時間です

通信技術で、現場の情報を
取得するとき

一般的には、
1秒周期のようです

最高でも
0.1秒くらいです

これは
人の動体視力の領域です

しかし、
シーケンサは、遅くても
10msecの領域です

単位が、
msecに切り替わります

秒で表すと
0.01秒です

オリンピックで
勝敗を決める世界です

IoTでは、
周期を上げるより

取得した膨大なデータの
利活用が課題です

そこで、
PLCからはデータを

変化した時だけ
送信する

イベントベースで
送信する

こう考える手法が
解決策のひとつです

PLCのスピード感は、
1000倍異なります

モノを移動する処理を
行っているのもPLCです

どのタイミングで
データを取得して

違和感のあるデータか
を、判別できます

この違和感が
出来事になります

つまり
コトのはじまりです

FA領域での
コトのはじまりは現場

いつも現場です

後先を間違えないで頂きたい

後から上空視点で
観るのがIoTです

IoTで伝えるコトは
上空視点です

本当の課題は、
役割分担ですね

PLCでデータを
どのように収集するか

目的は
メンテナンスから