2020/12/3 シーケンス制御はストーリーで勝負

「シーケンス制御3.0」は

システムを強運にする

生産性を高くする

黄金の型を構築するメソッドです

このメソッドには、

ワクワク、サクサク、ガンガン 作るための

3つの型があります。

1)構成:全体を縦の列に分ける

2)構造:分けた構成の中を横に分ける

3)構図:横に分けた構造の中に、ストーリーが入ります

ストーリーは、シナリオ(台本)になり、

シナリオは、シーケンス番号で書かれます。

この3つの技法を「型」といいます。

この型をマスターすることで

システムがドンドン強運になります。

シーケンスを科学し

強運にする考え方や

「成果の上がる型にまとめたもののみ」

贈らせて頂いています・・

*******

今日は、ストーリー(物語)についてです。

シーケンス制御は、ストーリーが大切です。

どういうシステムかによりますが、

マルチ構成で走らせるストーリーは、

複数の想定する登場人物(機械)を

同時に、

どう動かすかを設計するがが

醍醐味です。

複数の登場人物がいて、

それぞれが同時に振る舞う時が、

もっとも面白いときですね。

以前、長い物語の仕事に

遭遇したことがありました。

その時は、何日、絵コンテの

ようなマンガを

何日か書いていた記憶があります。

たしか、パレットが出てきて、

台車に載せて運ぶんですが、

何ステーションかに向けて

台車を地下に下げて移動させて

リフターを上げたり、下げたりで

パレットを何枚も並べてましたね。

加工したワークを複数のパレットに

積載して倉庫へ運ぶシステムでしたが、

長いなーと思ってデバッグしていましたね。

いかに、シンプルに作れるか?

ちょっとしたアルゴリズムになって

シナリオを書いていましたが、

当然、現地でしかデバッグできないので

何日か、かかったことを思い出しました。

台本となるシナリオがしっかり

書けたときは、行けるって!

感じて、現地で動き出すと

感動しますね。

いろんな動きをテストして

面白かったです。

しんどかったけどね。

ストーリーを見える化するために、

エクセル上で、図をいくつも書いて

コピペしてシナリオを書いていました。

このタスクとこのタスクは、

共通にできることを発見したりで

楽しいものです。

フローチャートより

イラストが多かったですね。

やはり、

シーケンス制御は、いかに

ストーリーを語れるか?

ストーリーテラーです。

そのために、

安定して作れるしくみをベースに

持っているかが重要です。

今回も情報発信するのは、

ベースとなる型です。

ストーリーを語って

動画でテストできるようになったら

面白いです。

2020/11/29 ユーチューバーは絶滅します

このメルマガは

シーケンスを科学し

強運にする考え方や

「成果の上がる型にまとめたもののみ」

贈らせて頂いています・・

———————————————————
今日は、「ユーチューバーは絶滅します」

というニュースメールについてです。

みなさんは、どう思いますか。

コンセプトが大切!と言われるように、

この分析が正しいかよりも、

思わず開きたくなるキャッチコピーが

すごいと思います。

答えは、人類は効率を求めるから

だそうですが、

Youtubeは、効率が悪いようですね。

このように、自分の身の回りに

効率の悪いものは、ありませんか?

シーケンス制御の学校でも、課題にしていますが、

本当に冗談みたいな存在なのがあります。

それが、自己保持回路です。

何度かメルマガでも記述しましたが、

CPUとメモリーで構成されるシーケンス制御が

やるべきことが、本末転倒で、

それによってエ若手が

エスケープするのは、

もったいないですね。

加工機や、その段取りなど

まだまだ、疑問なものがたくさんあるので、

それが無くなるイメージができると

いいことがわかりました。

WEBツールや、このメルマガも改善できそうな

ところがたくさんありそうですが、

常にパラダイム転換、

視点を変えて、絶滅危惧を発見

身の回りには、絶滅する仕事や、

絶滅する生活習慣がありそうですね。

まずは、シーケンス制御3.0を

ローンチする段取りを進めていますが、

もっと効率を追求するシーンがたくさんあると思います。

1日1個は、

非効率な製品やサービスを発見したいと思います。

まもなく、

シーケンス制御の学校から、

具体的なメソッドを伝える場を

お知らせしますので、

是非・・

お楽しみに!!
———————————————————
千田孝志(千田 孝志)

今回は、僕が過去30年間で
最強のシステム制御エンジニアを
生み出すことに成功した

「強運シーケンス制御のシステム構築法」を
これからの無料講座の中でお伝えします。
———————————————————
シートマチック株式会社 代表
プロダクトシーケンス・コンサルタント
千田 孝志
メールアドレス:info@sheetmatic.com
公式サイト:https://my140p.com/l/m/ZxgmYT8BvCyiOy