利他の精神

今朝の学びは、
「手弁当の精神」です。

「“手弁当”の意味は、自身で弁当を持参すること。また、弁当代を自弁すること。また、報酬をあてにせず奉仕すること」と辞書に記されています。
 一般的には、ボランティアや奉仕活動に協力する時に用いられる表現です。交通費や食事代を自分で負担してでも、あることに貢献したいという精神が本来の意味に近いでしょう。
昭和三十九年の東京オリンピックは、多くの手弁当の精神で成り立ったとも言われています。
同年に開通した東海道新幹線もまた、企業活動とはいえ、研究開発から建設まで、多くの手弁当によってもたされたものでした。
また、大きな災害の際にも、多くのボランティアが手弁当で救援にかけつけ、復興への手助けをしてきました。
仕事や自分の技能を通して社会に貢献するという精神を心の片隅におきながら、社会や地域の発展と、自己の向上に努めたいものです。」
『利他の精神を発揮しましょう』
という学びでした。

今日の標語は、
『地球は蒼い』
四十億年もの間、地表に水をたたえ、生命を育んできた母なる星。
この惑星を守るのは、われら地球人のつとめ。

今日の言葉相は、
「人生を大好転させる言葉相」
「他人の死」は「人生最大なる常識ごと」。
しかし「自分の死」は「人生最大なる非常識ごと」である。
この言葉の本質を知る者に・・「その他大勢」と同じ人生は決してない。

『死は必ず訪れる・・』
『それは・・今かもしれない・・』

※.本日、日本時間31日午前4時22分「スペースX」の打ち上げが成功しました。
幾多の失敗を経て、今日のスペースXの成功は、
本当に記念すべき日で、感動する日となりました。
いよいよ、地球を守る志が民間人から登場したということです。
イーロンマスク氏を、ご存知でしょうか?

どういう志で取り組んできているのか・・。
人類全体になにかをお返ししたい。
成功者に共通することは、感謝を表現しようとしているコトです。
継続することが基本です。

スゴイ時代に生きていることに、愛と感謝、謙虚、誠実に!
そして挑戦することの大切さを学ぶことができました。

今日の目標は、「仲良く笑顔で話す」です

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。

志・愛を持って
積極的に強気でいきます。

物を探す時間

多忙な日々を過ごされているみなさま、
身の回りで探し物をしていることは、ありませんか・・。

いつも何かを探しています。

今朝の学びは、
「物を探す時間」です。

「多忙な業務をこなしているとき、デスクは乱雑に書類が置かれ、
必要な資料を見つけるのが困難になっていませんか。
人は探し物で、年間10時間以上も浪費していると言われています。
その時間を減らすことができれば、
仕事もプライベートも充実したものとなるでしょう。

多くの物で支えられる今、物を大切に扱い、感謝の心で整理整頓に取り組みたいものです。」
『身の周りの整理整頓をしましょう』
という学びでした。

本当に物探しにかかる時間ほど無駄なコトはない。
貴重な時間を奪います。

すべての責任は自分にあります。
物への「感謝」を、もっと意識して行動します。

今日の標語は、
『出発点にはプラスもマイナスもない』
ゼロが起点。
プラスの方向にもマイナスの方向にも進める。
望ましいのはどちらの道か、
判断できる目を養いたい。

今日の言葉相は、
「成功する言葉相」
成功する人と成功できない人とでは、
一体何が違うのだろう・・。
『成功する人は、努力をする人・・』
『努力する人は、志のある人・・』
『志のある人は、「自分は死ぬ」と
本当に意味で分かっている人・・』

今日の目標は、「躊躇しない」です。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。

志・愛を持って
積極的に強気でいきます。

働く喜びで変わる

今朝の学びは、
「喜びで変わる」です。
今朝の学びから、そのままお伝えします。
「飲食チェーン店で働くTさんは、関東地域の十店舗を管理していうるマネージャです。入社当初は、お客様との会話が楽しく仕事にやりがいを感じ、店長時代に売り上げを伸ばし、やがてエリアを任されるようになりました。
しかし、管理者になってから、エリアの売り上げが落ちると、店長や社員にきつく当たることが多くなってきました。
やがてTさんは、仕事に対する情熱が落ちていくのを感じ、頑張ろうとしても気力が湧かなくなったのです。

人工知能研究者の黒川伊保子氏は、自著に『「人をとやかく言う」ことを繰り返していると、瞬時に脳にブレーキがかかるようになる』と記述しています。

Tさんはそうした悪循環に陥ったのかもしれません。
そのような中、エリアの店長が急病となりカウンターに立つことになったTさん。
お客様の喜びの声に店長時代の生きがいが胸に甦り、最近の働きを反省したのでした。
 以来、お客様の声に耳を傾け、朗らかな働きかな心で社員を育てる指導法に変えたのです。
働く喜びは、充実した人生の必須条件ではないでしょうか。」
『働く喜びをかみしめましょう』
という学びでした。

とても勉強になるお話で、そのままをお贈りいたしました。
3つの気づきです。
1.入社当初は、お客様との会話が楽しくやりがいを感じていた。
2.「人にとやかく言う」より、お客様の喜びの声に耳を傾ける。
3.働く喜びは、朗らかな働きから得られる。

今日の標語は、
『最後は人柄で決まる』
同じ仕事をしても、出来栄えが違うのは、
「信念」「愛情」「熱意」の度合いが違うから。
いつも誠実な自分を目指そう。

今日の言葉相は、
「自分に力、勇気を与える言葉相」
「無償の愛」を持つ者は強い。
私たちにとって一番大切なものとは・・「自分の命」。
「自分の命」を誰かのために捧げる覚悟をした者は、
怖いものなどは何一つない。
戦争で亡くなった青年たちの気持ちを考えてみることだ。
今、自分に起こっていることは、本当に辛く、
苦しいことなのだろうか・・。
『あの純粋無垢な若者たちの
覚悟を思うと・・この世で
怖いことなど・・何一つない・・』

今日の目標は、「一歩一歩確実に」です。

昨日まで、データ登録画面でブレーキがかかっていましたが、
諦めないで挑戦し続けていたら夜になって突破できました。
これも、最近の学び活動のマインドが集中できるようになってきたからでしょうか。
来月からは、
スーパーマインドフルネスの学びについてもお伝えしていきます。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。

志・愛を持って
積極的に強気でいきます。

美点を探す

今朝の学びは、
美点を探す、「様々な角度から物事を見つめる」です。
「宝石にはインクルージョンと呼ばれる、ヒビや曇りのようなものがあることが珍しくありません。
インクルージョンは天然鉱物の証で、算出された国を特定する材料にもなります。
一般的にインクルージョンはないほうが美しく、鑑定評価が上がるとされていますが、個性的な魅力を与えるプラスの面もあります。
エメラルドはインクルージョンが多い鉱物で、それは時に、独特の美しさを醸し出し価値を上げます。
一見マイナスに見える事柄も、見方を変えると、個性として受け止めることができます。
普段、マイナスな面ばかりを捉えてしまう人は、美点を探すという視点で物事を見ていくとよいでしょう。
何事も一方向だけでなく、別の角度から見ることが、新たな良さを知ることにつながるはずです。」
『様々な角度から物事を見つめましょう』
という学びでした。

今日の標語は、
『良い土壌が立派な作物を育てる』
良く耕された、肥えた田畑では、
米も野菜もぐんぐん育つ。
整った環境のもとで、人は才能を発揮する。

今日の言葉相は、
「人生を謳歌できる言葉相」
人生には・・たった2通りの人生しかない・・。
『生きて死ぬのか・・
それとも、死んで生きるのか・・』

今日の目標は、「明るい言葉かけ」です。

※.いつも自分には気づかない視点がたくさんあります。
パラダイム転換という言葉もありますが、
見方を変えるといった方が行動しやすいです。
気づかないコトに気づくようになると閃きが起きます。
見方を変えるには、トレーニングが必要です。
常に有意識で見方を変えることを習慣にしたいものです。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。

信じて見守る姿勢

今朝の学びは、
「信じて見守る姿勢」です。
「Aさんは、小学生の頃から野球を続ける息子の成長を見て逞しくなったと感じていました。
 自分も少年時代に野球漬けの日々を思い出して、試合で活躍する姿を見たいと思っていました。
最近はAさんが過干渉に口を出していたせいなのか、息子から来ないでと言われ悩んでいました。
そのことをAさんの母親に話すと、「あなたも同じ歳の頃、お父さんに同じような言い方をしていたわよ。だからお父さんは何も口を出さなかったけれど、あなたのことをいつも一生懸命に考えていたのよ」と言われました。
今では、父親の立場になったAさんは、父が自分を信じて見守ってくれていた姿を改めて感じ取りました。
これからは相談されたら精一杯アドバイスし、父親と同じようにできる限り見守っていこうと決めたのです。」
『信じて見守る姿勢を培いましょう』
という学びでした。

今日の標語は、
『登り続ければ
いつか山頂に達する』
きつい山道もいつかは必ず峠に出る。
歩みを止めることなく、一歩一歩先を目指す。
到達の喜びは、辛いと感じたその先にある。

今日の言葉相は、
「永遠の愛を築く言葉相」
「男女の永遠の愛」などはない。
「永遠の愛」を得られる言葉相。
『「永遠の愛を築こう」と思わない限り・・
「永遠の愛」などは・・ない』

今日の目標は、「快い返事」です。

☆登り続ける先にある山頂へ向けて、
信じて見守る姿勢を学ぶことも大切です。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。

仕事の学び方

今朝の学びは、
「仕事力」です。
「入社間もない社員が、依頼された仕事のチェックを先輩にお願いすると、以前作成された事例を参考にして、作成しなおす指導をうけました。そこで、社内の保管記録を見て修正し、もう一度作成しました。その後、先輩から「今度はよくできているよ」と太鼓判を押されました。
それからは、依頼された仕事に対して、出来る範囲で事前に下調べを行い、〈何が必要か、何が求められているか〉を考えてから、迷う時は、ただちに先輩や上司に相談するようにしました。
その仕事ぶりは、職場で信頼を集めるようになりました。
手取り足取り教えてもらえる間は、年齢に関係なく素直に学び、仕事や技術や知識をしっかりと吸収したいものです。
自ら考え、動ける人材へとレベルアップしていきましょう。」
『仕事力を高めましょう』
という学びでした。

今日の標語は、
『許す心が幸せを招く』
良いところも、悪いところも
すべてを認めて愛する時、
自分にも他人にも優しくなれる。

今日の言葉相は、
「異性と上手に生きていく言葉相」
男と女は犬と猫と同じくらい違う動物だ・・¥
男女間の問題の根本は・・男女が「わかってほしい」「わかってくれる」と、無理な期待をするからだ・・。
『所詮・・男と女は
一生わからないと・・解ること』

今日の目標は、「先手のあいさつ」です。

☆仕事を学ぶ姿勢、教える側も学ぶべきことが分かります。
相手の身になって考え、教えられる側で考えることを
習慣にしたいものです。
「否定的から肯定的に考える」ことを習慣にすることで
分からないを理解して行動したいものです。
初心忘るべからずとは、その一つですね。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。

カラーイメージ

今朝の学びは、
「色々な色」です。
「世の中には、多くの色がある。パソコンでは1700万色で表現できるといいます。
人は、色に様々な印象を抱くものです。
日本では、黒に対して静かに慎むイメージが大きい反面、高級感や格調高いというイメージも持ち合わせています。
日常的に使用している物の色によって、周囲に与える印象も変われば、気分に影響を与えることもあります。
時には、普段と違い色味のネクタイや衣服を身につけたり、机の上に花を添えるなど、
色から明るいイメージを演出し、気分転換を図ってみてはいかがでしょうか」
『職場環境のイメージを変えましょう』
という学びでした。

今日の標語は、
『何一つ無用なものはない』
世の中のものは、すべて何かの役に立っている。
そう思えないのは、その働きが見えていないだけ。
活かせるか否かは、自分自身の見方にある。

今日の言葉相は、
「実力の世界」は、辛く、苦しく、必ず負けるレッドオーシャン(血の海)。
しかし「運の世界」は、楽しくラクで必ず成果が出るブルーオーシャン(楽園)。
あなたはこれからも、実力の世界で生きますか。
それとも、運の世界で生きますか。
『実力より運をつけよう‼』

色についても、無用なものはない。
色を変えてみるだけで、明るく軽くなる‼
楽しくラクで成果が出る。
ブルーオーシャンの世界へ行きましょう。

今日の目標は、「ありがとうを100回以上言う」です。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。

英断

今朝の学びは、
「英断」です。

「仕事上の岐路に立った時、状況を見極め、最善の策を講じていけるがが大切です。
そのとき、判断力や直観力も重要となります。
たとえば、
会社の命運をかけた大きなプロジェクトに挑むことになったとき、
進行していく大詰めで、人員の確保や資材調達の難問に直面し、
いよいよとなった際に、そのプロジェクト継続が困難な状況にることがあります。
この時心を切り替えて撤退することにしました。
会社存続の岐路を英断する時、自分を成長させるチャンスとなります。」
『何が最善か見極めましょう』
という学びでした。

今日の標語は、
『病気は己を向上させるチャンス』
病んだ時は、自身の生活を振り返り、
思い当たることがあれば直ちに改める。
病気を医療だけで直してはもったいない。

今日の言葉相は、
自信をつける言葉相
あなたは・・あなたのことと・・あなたの人生を信じている
だろうか・・。
『人生は・・自信過剰ぐらいで・・
ちょうどよい!』

大きな決断をするとき、英断と言える行動をしたいものです。
どれだけ集中できるか、
最高の集中力トレーニングを続けたいと思います。

今日の目標は、「仲良く笑顔で話す」です。

日本語の表現

今朝の学びは、
「日本語の表現」です。

ある友人同士で食事をした際の出来事です。
「忙しくて、取り付く暇もないほどだよ」と、
多忙な状況を話したところ、
「語句の使い方が違うよ」と指摘されました。
正しい表現は、
「取り付く島もない」でした。
調べてみると、
語源は「航海に出たものの、付近に立ち寄ることができるような島がなく、停船・休息することができない状況」ということでした。
いつも何気なく使っている日本語には、音や響きが似ていても意味が違う表現が意外に多くあります。
そうした特性を持つ日本語の魅力を享受しつつ、
日本語の表現を正しく習得したいものです。
『正しい日本語表現を知りましょう』
という学びでした。

今日の標語は、
『恵みはいくらでも見出せる』
太陽が昇る、季節が巡る、空気が吸える・・・。
あたりまえに思っていたことに
目を向けると世界は輝きだす。

今日の言葉相は、
素直で自信あふれる子どもを育てる言葉相
人は認められ、愛されると・・自分を信じる力、自信がわく。
子どもに自信を与える言葉相
『○○のこと・・
大好き・・だよ・・』

先日、「自分発振」という本に出会いました。
久しぶりに電撃が走りました。
「電撃が走る」を検索してみました。
運命的な出会いを果たしたということの表現でした。
でも、
「体と心でビビビッときたんです」
という表現もあります。
電撃結婚のインタビューシーンで使われてました。
いづれにしても、運命の出会いの表現です。
運命の出会いになったことは強運です。
世界が輝きだす瞬間でした。
今日の学びは、大きな”つながり”の始まりです。

今日の目標は、「躊躇しない」です。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。

相手の立場に立って考える

今朝の学びは、
「お店のイメージ」です。

「おむせの口コミには店員の応対についてかいてあるものがあります。
お店の評判は、立地や商品、メニューなどど共に、店員の接客の仕方によって決まると言えるでしょう。
店員の立場からすれば、ふっゆ会に想いをさせないように気配りするのが基本です。
逆に、客側としてお店を訪れる際、<サービスされるのは当然>という態度をとってはいないでしょうか?
お店の店員のアシストで成り立っているのですから、過度はサービスの要求は慎みたいものです。
自分自身の言動を振り返り、どのような立場のときも、お互いに相手を思いやる気持ちでいたいものです。」
『相手の立場に立って考えてみましょう』
という学びでした。

今日の標語は、
『志のあるところに道は拓ける』
どうしてそれをするのか、しなければならないのか。
心に明確な答えがあれば、今すべきことがわかり、
どんな状況でも前進できる。

今日の言葉相は、
魔除けの言葉相
覚悟をしない人勢には・・いくらでも魔が寄ってくる・・。
魔を寄せ付けない言葉相
『波乱万丈・・どんと来い‼』

自分も、お客様も、どっちがえらいとか、どっちが下か
とかではない。フラットに考える!
運をよくするには、「愛、謙虚、誠実・感謝、挑戦」です。
いつもフラットに生きたい。

今日の目標は、「一歩一歩確実に」です。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。