物とは

前回は、「物はすべて生きている。着物も、道具も、機械も、金銭も皆生きている。」

という始まりでした。

物の中には、金銭も含まれています。

今日は、そこからです。

「物を象徴し、すべての財を具象したのが金銭である。

金銭は物質の中で、最も敏感な生き物である。

金銭はこれを大切にする人に集まる。

ある符号は必ずドウマキをもっていて、現金は肌身はなさず大切にして旅行した。

ある人は、さつには必ずヒノシをかけてしわをのばして大切に保存した。

人ごみの中に行った時は、金入れを必ず手でおさえていた。

しかしこうしたことは、金銭を大切にするほんの一面で、

ほんとうに大切にすることは、むだに使わぬことであり、

さらに金銭を生かして使うことであって、これがその頂上である。」

今日は、ここまで、

次は、欲についてになります。

今日も一日、
明るく朗らかに、喜んで働きます。