気づきを活かす

今日の学びは
「気づきを活かす」
です。

私は、「職場の教養」という毎月の冊子を読んで、
その日の記載内容についてブログにして文書力の学んでいます。
自分の成長を期待して3月から始めましたが、
あらゆるシーンで記載されている文書について学ぶことが多いです。
ある職場では、業務日誌と併用して感想を書く取り組みを始めたそうですが、
「優しい対応を心がけたい」「電話でも相手の方の気道が明るくなるような対応を心がけたい」といった前向きな文章が多くなったそうです。
その理由として感想を記入するときに、読み直すので、内容について改めて向き合うことで、気づきを得て、仕事に活かすことができるそうです。
私もこの取り組みを始めてから、書くことでヒントを得て仕事の改善が図れています。
挨拶や丁寧な対応など実践を大切に継続していきたいものです。

今日の心がけ:
「気づきを仕事に活かしましょう」

という学びでした。

今日の標語は、
「身体の働きに休みはない」
生れて以来、一日も休まずに動いている心臓。
刻々、無意識に行っている呼吸。
「あたりまえ」とは、なんと幸せなことか。

今日の言葉相は、
「人生をラクに生き、楽しく大きな成果を上げる言葉相」
才能とは、ある人間とない人間がいる。
ない才能を求め、探し続けるのはとても苦しい生き方だ。
最も素晴らしい才能とは、自分のない才能に気づく才能だ。
才能より素晴らしいものを手に入れる言葉相
『ない才能を磨く努力より、
必ず持っている潜在能力を蹴飛ばそう‼』

今日の目標は
「ありがとうを100回以上言う」
です。

今日一日、
朗らかに、安らかに、
喜んで進んで働きます。

志・愛を持って
積極的に強気でいきます。