「テスト」と「テスティング」

今日は、あるコラムからの引用です。
「ひとつの出会いで人生が変わることがあります。
出会いは不思議な偶然の重なりと思われがちですが、
恵まれた縁をつかめるかどうかは自分次第です。
 ある日、Yさんがいきつけの居酒屋で、一人で食事をしていた時のことです。
突然、カウンターで隣り合わせた人から話しかけられました。
驚きながらも話しを聞くと、その人は出張で来ているとのことでした。お酒の力も手伝って、会話に花が咲き、楽しい時間となりました。嬉しい縁を感じたYさんは、最後に名刺交換をし、その場を後にしたのです。
すると後日、相手から「先日は楽しい時間をありがとうございました」と書かれたお礼状と共に、地元の特産物が届いたのです。
Yさんもすぐに返礼をしました。
今ではそれが縁となって、定期的に連絡を取り合う仲になっています。
 出会いは、いつ、どこで、どのように訪れるかわかりません。
訪れた縁をつなぐためにも、連絡先を知っているならば、電話、メール、手紙など、具体的な行動に表して、「出会い」を「つながり」に変えていきたいものです。
良き出会いを得ましょう」

というコラムでした。
私もテストというより、テスティングが好ましいと思っていました。
理由は、テストをテスティングに変えて、つながりに変えていきたいからです。
テスティングの方が「つながり」を感じますね。